多くの人が「デトックス」に惹かれてしまう理由の一つ

多くの人が「デトックス」に惹かれてしまう理由の一つとして挙げられるのは、私達が暮らしている環境が悪いことにある。空気や土壌は汚染され、野菜などの食物には作用の強い化学肥料や害虫予防の農薬がたっぷり使われていると言われている。夏、屋外で紫外線を浴びたときに極力ダメージを抑える方法は3種類あります。1.日焼けした部分を冷やす2.いつもより多めにローションを付けて保湿する3.シミを防ぐためにもめくれてきた表皮をむいては駄目だ残業、飲み会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日の夫のお弁当にご飯の準備…。皮膚に良くないというのは知っていても、実は必要なだけの睡眠時間を持てない方が大半を占めると思われます。日常的な睡眠不足は人の肌にはどんな影響をもたらすのでしょうか?その代表格は肌のターンオーバーが遅延すること。健康なら28日毎にある肌の入れ替わるスピードが遅れます。美容外科(cosmetic surgery)とは、正確には外科学のジャンルであり、医療目的の形成外科(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは異質のものだ。また、整形外科学とも間違われることがよくあるがまったくもって異分野のものだ。よく耳にするピーリングとは、時間の経ってしまった表皮をピール(peel:はぐの意味)し、新しいすべすべの角質層に入れ替え、ターンオーバーを28日周期に近付けようとする優れた美容法です。美容外科というのは、由緒正しき外科学の一分野で、医療に主眼を置いた形成外科とは別のものである。また、整形外科学(orthopedic surgery)とも勘違いされることがよくあるがこれとは全く分野違いである。身体に歪みが生じると、内臓が互いに圧迫し合って、つられて他の内臓も引っ張り合い、位置の移動、臓器の変形、血液や組織液に加えてホルモンバランスにも悪い影響を与えるのです。きれいに見せたいと対策を考えて自己流のフェイシャルマッサージをする方がいますが、特に目の下の表皮は薄くて敏感なので、雑に擦るように力任せにおこなうフェイシャルマッサージは良くありません。このコラーゲンというものは、快晴の日の紫外線をもろに浴びたり物理的なダメージを与えられてしまったり、日々のストレスが澱のように溜まったりすることで、破損し、最終的には作ることが難しくなっていくのです。正常な皮膚の新陳代謝は28日毎のサイクルで、365日新しい細胞が生まれ、毎日毎日剥落しています。こうした「毎日の生まれ変わり」のおかげで人の肌は若々しさを保ち続けています。思春期は過ぎているのに出現する、治りにくい“大人のニキビ”の女性が徐々に多くなっている。もう10年間もこういった大人のニキビに苦しみ続けている方が専門の皮膚科クリニックの門をたたく。女性誌や美容の書籍には、顔が小さくなって肌がきれいになり、ダイエットできるし、デトックスされる、免疫力アップなど、リンパ液の流れを整えればみんな大成功!などという謳い文句が書かれている。ドライスキンは、お肌(皮膚)の角質層の細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が正常なレベルよりも減少することで、皮膚にある水分が蒸発し、表面の角質層がパリパリに乾燥する症状を示します。気になる目の下の弛みを解消する方法で有効なのは、ずばり顔のストレッチ体操です。顔面にある表情筋は知らない内にこわばってしまったり、感情に関わっている場合がよくあるようです。