多くの人たちが「デトックス」の虜になる理由の一つと

多くの人たちが「デトックス」の虜になる理由の一つとして挙げられるのは、私達が生活している環境が汚れていることにある。大気や土壌は化学物質で汚れ、コメや野菜などの食物には作用の強い化学肥料や害虫予防の農薬がたっぷりかけられていると宣伝されているのだから無理もない。本来、健康なお肌のターンオーバーは4週間のサイクルになっていて、一日毎に新しい細胞が誕生し、1日毎に剥がれ落ちています。この「毎日の生まれ変わり」のおかげで人の肌は若々しい状態を保ち続けています。全身に存在するリンパ管と同じように進む血の流れが鈍くなってしまうと、様々な栄養や酸素が移送されにくくなり、結果として脂肪を多く着けさせる大きな原因のひとつになります。スカルプケアの主要なねらいは健康的は髪の毛を維持することです。頭髪の水分が失われて乾燥して艶がなくなったり抜け毛が増加するなど、たくさんの方々が頭髪のトラブルを持っています。健康な体に生じる浮腫だが、これは当たり前のこと。ことさら女性は、脹脛の浮腫を防ごうとするが、人間なら、下半身がむくむということはいたって自然な状態なのでさほど神経質にならなくても良い。普通は慢性に移行するが、適した手当により病が統制された状況に維持することができれば、自然に治ってしまうことも見込める病気だ。多くの女性たちが「デトックス」の虜になる最大の理由は、私たちが暮らしている環境の汚染だろう。大気や土壌は化学物質で汚染され、食材には不自然に成長を促す化学肥料や危険な農薬がたっぷり使用されていると実しやかに囁かれている。日本に於いて、肌が透き通るように白くて淀んだくすみや大きなシミの出ていない状態を好ましく受け止める慣習が現代より前から存在していて、「色の白いは七難隠す」という諺があるくらいだ。お肌の乾燥の因子である角質細胞間脂質と皮脂分泌の衰えは、アトピーのように先天的なものと、老化や基礎化粧品や洗浄料による後天的な要素にちなんだものの2種類に分かれます。乾燥による掻痒感の要因のほとんどは、歳を取ることによる角質層の細胞間脂質と皮脂の量の減退や、固形石けんなどの頻繁な洗浄に縁る肌のバリア機能の落ち込みによって現れます。どうにかできないものかと考えてやみくもにマッサージしてしまう人もいますが、ことさら目の下は弱くて繊細なので、ゴシゴシとこするように大雑把な粗っぽいマッサージであれば適しません。明治時代の終わり頃、海外から帰ってきた女性たちが、洋風の髪型、洋風の服装、洋風に使う化粧品・美顔術などを紹介した結果、これらを新しく表現する語彙として、美容がけわいの代わりに使用され始めた。ドライスキンというのは、皮膚のセラミドと皮脂の量が通常のレベルよりも減衰することで、皮ふにある潤いが失われ、肌がパリパリに乾いてしまう症状を示しています。美容外科というものは、体の機能上の欠損や変形を修正するよりも、専ら美的感覚に基づいて身体の見た目のレベルアップを目指すという医療の一種であり、完全に自立した標榜科である。「デトックス」術に危険性や問題点は無いのだろうか。そもそも体に溜まるとされる「毒素」というのは一体どんな性質のもので、その「毒」とやらは果たしてデトックスで排出できるのか?